ぱっちりとした二重でコンプレックス解消!目指せ二重美人

女性

華やかな目元へ

おでこ

まぶたが厚い場合もOK

一重まぶたにコンプレックスを感じている方も、少なくありません。一重だと、どうしてもまぶたの皮膚が目に被ってしまう為、目が小さく見えてしまいがちです。また、暗い印象を与えてしまったり、怒っているように見えるケースもあります。このような一重まぶたの悩みを解消してくれるのが、美容外科で受けられる「切開法」という二重整形手術です。切開法はメスを使う美容整形で、まぶたの皮膚を切って二重のラインを形成します。幅の広い二重まぶたも作れるので、切開法であれば好みの目元にできるのです。二重ラインを形成する美容整形には、メスを使わない埋没法もありますが、この施術はまぶたの脂肪が多かったり、皮膚が厚かったりすると時間の経過と共にラインが取れてしまうケースがあります。切開法であれば皮膚を切って、ラインを作っているので効果は半永久的です。厚いまぶたでも、しっかり二重のラインを作れる点が、切開法のメリットと言われています。切開法を受ける事によって、目元の印象はグンと華やかになるでしょう。

目頭切開と組み合わせる

切開法は美容外科で受けられる、美容整形の1つです。この施術を受ける事によって、キレイな二重のラインを作れます。西洋人のような幅の広い、平行二重に憧れる方におすすめです。切開法だけでも十分に華やかな目元になれますが、より目を大きく見せたい、また施術を受けたけれど平行二重にならなかったという場合、目頭切開を組み合わせる方法をおすすめします。目頭切開とは名前の通り、目頭部分を切開・縫合する事によって目の横幅を大きくする美容整形です。目頭部分にピンク色の粘膜、蒙古ひだがあるとその分、目は小さく見えてしまいます。目頭切開によって蒙古ひだを取り除くと、目の横幅が大きくなるのです。また、蒙古ひだが無くなる事によって、目頭部分から幅の広い二重まぶたとなる、平行二重になりやすいと言われています。一重まぶたというだけでなく、目が小さいというコンプレックスを感じている方は、切開法に加え目頭切開の施術も検討してみましょう。気になる費用ですが、切開法は25万円から35万円程度、そして目頭切開は20万円程度が相場です。