ぱっちりとした二重でコンプレックス解消!目指せ二重美人

女性

人気の埋没法をより詳しく

女医

埋没法の糸

二重の整形では今や埋没法というプチ整形法が一番支持されています。やはり女性にとって、まぶたを切り開く全切開法は万一事故などがあったときに心配だという考えがあるようです。埋没法は全国どこの美容クリニックでも受けられるポピュラーな二重整形法で、安全な施術といわれています。二重埋没法がまぶたを糸で留める整形法だということは広く知られるようになってきました。しかしこの二重埋没法で使われる糸にもさまざまなランクがあるということはまだあまり知られていません。二重埋没法では極細でしかも耐久性に優れた医療用の糸を使って二重まぶたを形成します。このとき使う糸の品質によって、糸が切れやすかったり切れにくかったりという差が出る可能性が大きいのです。二重埋没法で使う糸は非常に細い糸でなければなりませんが、埋没法という整形法自体が糸の切断により再施術を必要とすることの多い方法なので、いざ再施術という際に取り出しやすいものでなければなりません。そのため最近では、使う糸の銘柄や品質を明記した美容クリニックを選ぶ女性も増えてきているようです。

挙筋法と瞼板法との違い

二重埋没法には、挙筋法と瞼板法という二種類の方法があります。美容クリニックによって、どちらの整形法を選ぶかが異なります。瞼板法は施術した後にまぶたが腫れる心配の少ない方法とされています。また、この施術によって別の病気になるような可能性もないことから、二重埋没法は瞼板法で行うのがベストだと考える医師は多くいます。しかし最近、これまでデメリットがあるといわれてきた挙筋法を改善してより安全性を高めた新しいタイプの挙筋法によって整形を行う医師も出てきました。この新しい挙筋法のメリットは、まぶたを留めた糸が結膜の面に出ないということです。糸が結膜に触れていると気持ち悪くて違和感がある上に、炎症の原因になる可能性があるのです。挙筋法で二重の整形を行うと眼瞼下垂などの後遺症が出やすいといわれていた点についても、新しく改良された術式では解決されています。したがって、二重まぶたの整形を受ける場合には自分の受けたい術式を把握しておく必要がありますが、挙筋法も新しいタイプでは安全性が増したということを覚えておくと役に立つでしょう。