ぱっちりとした二重でコンプレックス解消!目指せ二重美人

女性

手術の種類とメリット

女の人

切開する手術としない手術

二重の美容整形は、どんな二重になりたいかやまぶたの状態によって手術の仕方が異なります。外国人のようの平行型のくっきりした二重まぶたになりたい場合に向いているのが、全切開法や部分切開法です。全切開法はまぶたをなりたい二重のラインに沿って切開し、そして縫合して二重にします。一度手術をすれば、半永久的に効果が続きます。部分切開法は数ミリだけ切開して余分な脂肪を取り、そして糸を使ってラインを作る整形です。まぶたの脂肪があついけど全切開法をする勇気がない人向けです。まぶたの脂肪がそれほど厚くなく、ナチュラルな二重を作りたい場合は埋没法が最適です。埋没法は全切開や部分切開のようにまぶたにメスを入れる整形ではなく、細い糸でまぶたを縫って二重にするプチ整形です。縫うときに針を使うのでまぶたに傷はつきますが、切開するよりもダメージが少なく、ほとんど傷あとはわからなくなります。手術をしたあとの腫れや出血なども最小限なので気軽に受けることができます。

埋没法のメリット

埋没法は二重の美容整形の中で最も人気のある手術です。手術といってもメスを使わないプチ整形で、点眼麻酔をして10分〜20分ほどで終わります。腫れはしばらく続きますが、一週間ほどでおさまってきます。糸を使っているだけなので全切開法のような半永久的な効果はありませんが、仮に糸が取れたとしても二重のラインの癖がつけば手術をしなくても一生二重まぶたになれます。また、手術をしたあとでもっと幅を広くしたいと思ったら、糸を取って再手術することもできます。切開法の場合は一度手術をすれば二度とその二重を変えることはできませんが、埋没法の場合は自由に幅を変えることができるのがメリットです。手術費用がリーズナブルなのも埋没法が人気の理由のひとつです。全切開法や部分切開法は20万円以上するのに対し、埋没法は10万円以下でできます。一点で固定する一点止めの埋没法なら1万円弱でできる場合もあります。両目でも2万円はしないでできる安さなので、お金がない学生にも大人気です。